武蔵野市 三鷹市 武蔵境 鈴木眼科

麦粒腫

「ものもらい」、「めばちこ」とも呼ばれています。医学的には麦粒腫といい、まぶたの脂腺や毛根に細菌が感染し、炎症を起こした状態を指します。症状は眼の充血、痛み、かゆみなどがあります。つい目をこすってしまいがちですが、症状を悪化させてしまうため、絶対にこすってはいけません。麦粒腫は感染症であるため、治療には抗生物質の点眼薬を使います。化膿して腫脹が強い場合は切開が必要になることがあります。症状があれば眼科に気軽にご相談ください。

>目の病気 一覧に戻る

鈴木眼科 TOP診療のご案内院内のご案内アクセス目の病気について目の病気Q&A